トヨタ・カローラ(COROLLA)を中古車一括査定で高く売る方法

MENU

トヨタ・カローラ(COROLLA)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を知る!30万円も違う時があります↓↓

カービュー

>>今スグにトヨタ・カローラの査定価格が知りたい時はコチラから<<

 

トヨタ,カローラ,買取,査定

トヨタカローラは1966年に初代E1#型が登場してから2016年で50年が経過します。

 

現行型で11代目になるカローラのシリーズを通した特徴は、大衆車としての必要をすべて満たしたクルマであることです。

 

まず、平均的な収入があれば手が届く価格に抑えています。そして、価格が安い割には安っぽさがなく、しっかり作られ装備も豪華です。さらに、派生車が多いのも特徴で、スポーツタイプやワゴンなどカローラをベースに様々な車種を展開しています。

 

また、カローラは33年間にわたって初代モデルがマイナーチェンジした1969年から9代目の2001年までの33年間、販売台数第一位を記録し続けてきたことも特筆すべきことです。

 

2001年の販売台数第一位に輝いたのはホンダフィットで、その後は2003年から2007年まで第一位に返り咲きますが、その後はプリウスやアクアなど、人気のハイブリッド車の台頭にカローラが第一位に返り咲いていません。

 

ただそれでもベスト5以内をキープしており、2013年7月には累計生産台数4000万台を突破、2015年の国内累計販売台数も1000万台を突破しました。カローラは日本だけでなく世界の大衆車と言っても過言ではないでしょう。

 

中でも本サイトはカローラに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるカローラを高く売りましょう!
人気のカローラなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>カローラをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

トヨタ・カローラ(COROLLA)の歴代モデル一覧

トヨタ・カローラ 初代 E1#型
初代 E1#型

日本を代表する大衆車として圧倒的なシェアを誇ったトヨタカローラの初代 E1#型が登場したのは1966年のことです。そのときから50年、11代のモデルを数え、国産車の中でも最も息の長いモデルとなっています。手に届く価格帯でありながら質感の高い内装、そして当時小型車の主流のエンジンが1000ccだったのに対して、カローラは1100ccのエンジンを搭載しました。また、トータルでの高い完成度を追求して、俗にいう80点主義+αのクルマ作りが特徴でした。

トヨタ・カローラ 二代目 E2#型
二代目 E2#型

1970年に2代目 E2#型にフルモデルチェンジされたカローラの特徴は、初代モデルに比べてサイズアップが図られ、より豪華かつスポーティに生まれ変わったことです。駆動方式は後輪駆動、ボディ形状はセダン、クーペ、バンの3タイプが用意されました。1972年には115馬力を発生する 2T-G型DOHCエンジンを搭載したTE27型レビンが登場します。車両重量は750kg前後と軽量なので、気持ちの良い加速が可能でした。

トヨタ・カローラ 三代目 E3#/5#型
三代目 E3#/5#型

1974年に登場し1979年まで販売された3代目 E3#/5#型カローラの特徴は、海外輸出を本格化したことと、生産台数が歴代最多となったことです。また排ガス規制対策に力が入れられました。ボディ形状は2ドア及び4ドアセダン、3ドア及び5ドアバン、2ドアクーペなど多数あり、エンジンは1.2L、1.4L、1.6Lの3種類が用意されました。駆動方式は後輪駆動、車両重量は880kgと軽く、軽快な走りが可能でした。

トヨタ・カローラ 四代目 E7#型
四代目 E7#型

4代目 E7#型カローラの特徴は、まずカローラ最後のFR車であることです。これ以降は駆動方式はFFが中心になります。外観の特徴は、丸型4灯式ヘッドランプが採用されたことです。搭載されたエンジンは、1.3L、1.5L、1.6L、1.8Lの4種類、さらに1.8Lのディーゼルエンジンが用意されました。また、1600GTはラリーフィールドでも活躍するスポーツグレードで、他のグレードとは一線を画するモデルとして注目されました。

トヨタ・カローラ 五代目 E8#型
五代目 E8#型

1983年に5代目 E8#型にフルモデルチェンジしたカローラの特徴は、1966年に初代モデルが登場して以来初めてFF(前輪駆動)になったことです。同時にサスペンションには四輪独立懸架が採用されることになりました。また、オプションではありましたが、カローラ初のデジタルメーターやオートドライブなどが設定されました。なお、デザインはイタリアのイタルデザイン・ジウジアーロが担当しています。5ドアリフトバックのデザインにその特徴がよく反映されています。

トヨタ・カローラ 六代目 E9#型
六代目 E9#型

1987年に登場した6代目 E9#型のカローラの特徴は、まずデザインが直線基調だった先代モデルから、エッジに丸みを帯びた柔らかなデザインに変更されたことです。車高も少し低くなり、スポーティな印象を与えます。国内の経済が徐々に上向くにつれ、それに呼応するようにカローラもこの6代目から7代目にかけてどんどん豪華装備になっていきます。その高級志向が人気となり、1990年には年間新車販売台数30万8台を記録しました。

トヨタ・カローラ 七代目 E10#型
七代目 E10#型

1991年から2000年まで製造販売された7代目 E10#型カローラは、ちょうどバブル時に作られたクルマだけあって、高品質な内外装が特徴です。目に見えない部分にも、金メッキ端子を使ったハーネスが採用されたり、ボディの80%以上を錆に強い亜鉛メッキ合金を使った防錆鋼板を採用したりしています。また7代目より、全車にサイドドアビームが標準装備され、安全性が高められています。ベーシックタイプにはは1.3L、1.5Lエンジンが、スポーツグレードには1.6Lエンジンが採用されました。

トヨタ・カローラ 八代目 E11#型
八代目 E11#型

1995年に登場した8代目 E11#型カローラの特徴は、バブル崩壊後に作られたこともあって、バブル経済の中でどんどん豪華になっていった6代目、7代目に比べて、コスト削減による影響が大きく出てしまったことです。内外装とも貧相になってしまい、評価を落としてしまいました。そこで1997年のマイナーチェンジで内外装の質感の向上を図られます。同時に、正面衝突より多いオフセット衝突対応の「GOA」ボディに変更されました。

トヨタ・カローラ 九代目 E12#/13#型
九代目 E12#/13#型

2000年の登場した9代目 E12#/13#型カローラは、「New Century Value」というコンセプトのもと、プラットフォームやエンジンなどもすべて一新されました。欧州デザインスタジオの「EDスクエア」の手による外観は、非常に重厚感があるのが特徴で、サイズも大型化されています。ただ、残念なのはGT系やレビンなどのスポーツグレードが廃止されたことです。バブルがはじけ、若者のスポーツカー離れが顕著になってきたことが背景にあったのでしょう。それに代わってステーションワゴンのカローラフィールダーが新たに販売になりました。

トヨタ・カローラ 十代目 E14#/15#型
十代目 E14#/15#型

2006年から2012年まで製造販売された10代目 E14#/15#型カローラは、カローラ アクシオというサブネームが付き、海外への輸出用とはプラットフォームが違います。ボディ形状は4ドアセダンのみで、ワゴンタイプは3代目同様にカローラフィルダーという名称で販売されました。10代目 E14#/15#型の特徴は、9代目同様にデザインに重厚感があること、Cd値0.29という優れた空力特性、エンジンは1.5Lをメインとしながらパワフルな1.8Lも選ぶことができます。

トヨタ・カローラ 十一代目 E16#/17#型
十一代目 E16#/17#型

11代目 E16#/17#型カローラは、2012年に登場した現行型になります。その特徴は、プラットフォームをこれまでのMCプラットフォームからヴィッツ系のBプラットフォームに変更されたことです。その結果、大きくなりすぎた感のある世代モデルに比べて、全長が50mm短くなりました。また2013年に待望のハイブリッド車が追加されました。ハイブリッドシステムは3代目プリウスやアクアと同じもので、燃費性能はJC08モードで33.0km/Lを実現しています。

トヨタ・カローラ(COROLLA)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

トヨタ,カローラ,買取,査定

日本が誇るベストセラーカーのカローラは、かつて33年連続で国内販売台数第一位を続け、世界では累積販売台数4000万台以上の売り上げを誇っています。

 

これは世界第一位の数字で、第二位のフォルクスワーゲンゴルフを大きく上回っています。格安な価格であるのに関わらずクルマとしての基本性能が高く、質感や乗り心地も良いので、ユーザーの満足度は常に大きいのがカローラの特徴です。

 

また、スポーティさがほしい人のために、スポーツグレードを設定したり、広い荷室が欲しい人のためにワゴンタイプも用意するなど、ニーズに合わせたバリエーションを展開しているのもカローラの魅力です。最新モデルでは待望のハイブリッド車も追加されました。

 

ただ、カローラのリセールバリューはあまり高くはありません。そのため買い替えのタイミングとしては、残存価値が多い使用年数が少なく走行距離が短い状態で売るよりも、できるだけ長く乗り続けたほうが良いでしょう。

 

カローラは耐久性も高いので、メンテナンスさえしっかり行っていけば、問題なく乗り続けることができます。ただワゴンタイプのカローラフィルダーやハイブリッドは人気があるので、残存価値が高いうちに売るのも良いでしょう。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、カローラの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのカローラを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

カローラには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのカローラを安く手放したりしまわないでください。


1.まずはトヨタ・カローラ(COROLLA)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分のトヨタ・カローラ(COROLLA)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にカローラを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 埼玉県 H.14(2002)年 トヨタ カローラ G 1.50L 3,000km 55万円
2 東京都 H.16(2004)年 トヨタ カローラ 1.49L 210,000km 15万円
3 福岡県 H.11(1999)年 トヨタ カローラ SEサルーン リヴィエール 1.50L 89,000km 15万円
4 北海道 H.16(2004)年 トヨタ カローラ G Lパッケージ 1.50L 23,000km 58万円
5 北海道 H.16(2004)年 トヨタ カローラ X 1.49L 118,000km 28万円
6 静岡県 H.13(2001)年 トヨタ カローラ 1.50L 12,000km 27.4万円
7 新潟県 H.12(2000)年 トヨタ カローラ 1.50L 41,000km 55万円
8 北海道 H.5(1993)年 トヨタ カローラ LXリミテッド 1.97L 19,000km 32万円
9 群馬県 H.11(1999)年 トヨタ カローラ XEサルーンリミテッド 1.33L 119,000km 12.5万円
10 大阪府 H.15(2003)年 トヨタ カローラ X 1.50L 63,000km 40万円

(参考:車選び.com/ 2016/3) トヨタ・カローラ(COROLLA)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事なトヨタ・カローラ(COROLLA)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

トヨタ,カローラ,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
トヨタ・カローラ(COROLLA)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やカローラに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるカローラなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
カローラに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!


3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

トヨタ,カローラ,買取,査定

トヨタ・カローラ(COROLLA)の専門店やカローラを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

カローラの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんカローラを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!


トヨタ・カローラ(COROLLA)をできるだけ高く売る特別な方法

中古車一括査定

トヨタ・カローラ(COROLLA)をできるだけ高く売りたい時は一括買取査定サイトを利用すると
時間も工数もかけること無く簡単に見積りの比較が行えます。
しかし、一括買取査定を単純に利用したけでは最高額でカローラを売ることはできません!

 

一括買取査定業者はたくさんあるけど、どこが高く引き取ってもらえるの?
田舎では、見積りが少ないのでは無いの?

この様な疑問が出てくるはもっともです。
一括買取査定業者では入力する地域にもよりますが、1サイトでもらえる見積りは5社前後です。

 

その中には、ガリバーやアップルと言った有名な中古車買取業者も含まれています。
そのため、実際に見積り比較を行えるのは、もっと少なくなってしまう可能性があります。

 

そのため、カローラを最高額で売るためには見積りは多いに越したことはありません。
※一括買取査定業者は、必ず3サイトは試して見てください。

 

同じ一括買取査定業者内だと手の内が知られているので見積り比較が難しいのが現状です。
でも、同じような価格の見積りばかりでは、意味無いですよね?

 

そのため違う一括査定サイトも一緒に比較すれば、比較できる見積りは増やすことができます。
※カローラを高く売るためには、必ずたくさんの見積りを入手して比較してみましょう!

 

一括買取査定業者の入力は、ユーザーに負担をかけないためにシンプルになっています。
どこの業者も1分で入力できるというので、3社の一括買取査定業者に依頼しても10分ぐらいで終了します。
10分の入力を面倒で行わなかったため、数十万円も損してた!なんてイヤですよね??

 

入力項目は「車検証」が手元にあれば、後はだいたいの「走行距離」で入力ができてしまいます。
見積もりの入手性&信頼性を考慮して、カローラの最高額の見積りが入手できる一括査定業者は下記になります。

 

【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド
この3サイトに申し込めば、どこに住んでいてもたくさんの見積り比較が行えます。


トヨタ・カローラ(COROLLA)を中古車一括査定で高く売る方法

カービューカービュー
カービュー 業界トップクラスの390万人超の利用実績で安心して愛車の査定が行えます! 提携200社以上!歴史が古いので地方の買取店も多く、商用車、不動車、水没車も対応! 他社の一括査定には無い【T-UP】も含まれているので、必ず押さえて置きたい査定サイトです! 提携は200社以上あるので、自宅近くの専門店の見積りも比較できます! 他店に無い買取店もあるので、他サイトで満足できなかった方にもオススメです!

提携買取業者の多い「カービュー」で最大8社の見積りを入手する!!

ズバット車買取比較ズバット車買取比較
ズバット車買取比較 大手中古車販売会社から地域密着型の地元業者まで、全国150社以上を一括で見積可能! 累計利用者数は60万人以上の安心と実績で、初めてクルマを売却する方にもおすすめです! 入力はたったの1分で、最大10社の見積もりを入手できます。 安心のサポート体制(年末年始を除き年中無休でカスタマーサポート実施)で安心です! 実際に一括査定の料金が70万円も違った実例もあります!!

「ズバット車買取比較」のカンタン一分で最大10社の見積りを得る!!

かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド 査定に申し込むと、概算価格がすぐ分かるので最高査定額の判断がしやすい!! 最大10社からの「最高額」の提示は、「かんたん車査定ガイド」独自のサービスです! 申し込みもたったの45秒で簡単!個人情報の入力項目も最も少なく安心して利用できます! 少しでも愛車を高く売りたい!とにかく今の最高額を知りたい!という人にはオススメのサイト! ガリバー、アップル、カーセブンなど特に大手に強いので必ず押さえて置きたい一括査定サイト!

愛車の「最高額」をスグに知りたいなら「かんたん車査定ガイド」に申し込む!!

トヨタ・カローラ(COROLLA)中古車買取一括査定の関連情報